寝言の原因や治し方などについて

寝言で怒鳴る原因はどんなものか

スポンサーリンク

眠っている間に無意識にしゃべってしまうことを寝言と呼びますが、これは子供に多い症状で大人になるにつれ減っていくとされています。
そして寝言を言っているときは夢を見ているイメージもありますが、そうとも限らず夢を見ていなくても起こることがあるようです。
多くの場合は心配いらないとされていますが中には病気が原因になっていることもありますので、その違いについてもよく見極めておきたいところです。
インフルエンザなどではかなり高熱が出ますが、こういった場合はうなされて言葉を発することもありますし、中高年の場合は睡眠時無呼吸症候群が原因となって言葉を発することがあります。
この場合は途中で呼吸が停止したりしていないかチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

そして普段温厚な人が寝言のときに怒鳴ることもあります。
本人は眠っているので気がつかないことが多いですが同じ部屋で寝ている家族はかなり驚かされることとなってしまいます。
この場合はストレスを抱えていて、普段言葉に出せない言葉を眠っている間に無意識で怒鳴ってしまうことも考えられますし、アルコールが原因している場合もあります。
そして嫌な夢を見てしまったときなどもこうした寝言が起こる可能性もあります。
こうした症状もごくたまに起こる程度なら心配のないものである可能性も高いですが、あまりに頻繁に起きてしまう場合は睡眠障害が起こっており、質の良い睡眠が取れていない可能性もありますので、医療機関に相談してみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加