寝言の原因や治し方などについて

自覚症状がない寝言を防ぐ方法

スポンサーリンク

寝言は家族や周囲で寝ている人からとても嫌がられるもので自覚症状がないため自分で防ぐことができません。
そのため、睡眠の際の予防方法ではなく睡眠する前段階での予防がとても重要になってきます。
最も寝言が出てくると言われている原因がストレスや不安感からなので就寝前にこれらの要因を取り除くことである程度は緩和させることができます。
具体的な方法としてはまず適度な軽いジョギングや筋トレなどの運動をすることでストレス解消になります。
汗を流して仲間とコミニュケーションを取ったりすることで仕事でのストレスを忘れられるからです。
また、このような軽い運動をした後にはすぐにお風呂に入って体を洗い清潔にすることが大事です。

スポンサーリンク

この理由としては自分の流した汗を放置しておくと衣服にべたついてそれがまた不快感につながる可能性があるためです。
お風呂は自分の好きな音楽をかけたり、入浴剤を入れたりすることでストレスを軽減する事も大切です。
近年は岩盤浴やスパなども流行っているため気になる人は体験してみると心地よい効果が得られるかもしれません。
食事に関しては野菜を中心とした食生活を心がけてビタミンCを多めに摂取するようにすると良いです。
最後に就寝の2時間前には部屋の照明を消して間接照明に切り替えて体を寝る体制に整えておくことも大切です。
また、就寝の1時間前にはホットミルクなどのカルシウムの多い温かいものを摂取することで気持ちを落ち着かせることができ、気持ちよく就寝する事ができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加