寝言の原因や治し方などについて

寝言でごめんなさいという場合について

スポンサーリンク

寝言は寝ている間に無意識に話しているものです。
夢を見ていて話している場合もあるでしょうし、全く夢とは関係なく話している場合もあると思います。
自分で寝言を言っている場合は、何も覚えていないという事が多いのではないでしょうか。
しかし、近くに寝ている人が寝言を言っているのを聞くと、思わず笑ってしまうような事を言っている場合もあります。
そんな笑ってしまうようなものばかりなら良いのですが、時には心配になってしまう寝言というものもあるのではないでしょうか。
例えば、怒っていたり謝っていたりすると、日常生活で何か困った事があるのかと心配になってしまいます。
その中でも、ごめんなさいといった謝りの言葉を言う寝言についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

ごめんなさいという言葉を眠っている間に、無意識のうちに言っているとしたら、もしかしたら仕事などで行き詰っているのかもしれません。
会社で色々な事を我慢して、誰にも相談出来ずに心の中に悩みを溜め込んでいるのかもしれません。
あまりに繰り返すようなら、様子を見てそれとなく悩みを聞き出す努力をした方が良いと思います。
一人でストレスを抱え込んでいては、病気になってしまいます。
何か思い当たる事があれば、それとなく聞き出す努力も必要ではないでしょうか。
心の健康のためにも、寝言には気をつけたいものです。
また、心ではなく体の不調が原因という事も考えられます。
首や肩がこっていて、眠りが浅く寝ているうちについ言葉が出ているのかもしれません。
心や体の健康に関わる事もありますので、よく観察する事が必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加