寝言の原因や治し方などについて

寝言で叫ぶ原因「浅い睡眠の中で見る夢」

スポンサーリンク

寝言で叫ぶといった原因のひとつに、睡眠の深さと関係があるように思われます。
深い睡眠に陥った状態ではスヤスヤと寝息を立ててぐっすりと安眠できるのですが、睡眠が浅いと寝苦しそうにうなされているようにブツブツと寝言を発することが多々あります。
不快な睡眠状態から脱するために無意識に悲鳴を上げるように寝言で叫んでしまうということなのでしょう。
 寝ようとしてもなかなか寝付かれないように、浅い睡眠状態が長時間持続しているのは心地良いものではないようです。
つまり、目覚めない限り不快で苦痛な睡眠状態が続くことになります。
 そこで、不快な浅い睡眠状態から何とかして自力で覚醒しようとする無意識の行動が、寝言で叫ぶということであると考えられます。

スポンサーリンク

 浅い睡眠状態が長時間続いてしまう原因には様々なことが考えられますが、そのひとつに「深く眠りこんではいけない」という思いが強く残っている場合があります。
僅か数時間の仮眠の時、疲れて眠くなったのでちょっと横になった時など睡眠を制御しようとする意識が働いている事は確かです。
 深い睡眠状態とは違って浅い睡眠状態では、夢を見ながらも自分が睡眠状態であることを自覚している場合があります。
そのなかで「深く寝てはダメだ」という意識は常に働いているのでしょう。
 はやり、「寝るときは寝る」と決めて、十分な睡眠時間を設定し、ぐっすりと眠れる環境を整え、「自然に目覚めるまで寝る」と強く思って眠りに就くことがよいでしょう。
明日のことは「朝起きてから考えればよい」のです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加