寝言の原因や治し方などについて

寝言で笑う心理について

スポンサーリンク

寝言について考えた事はありますか。
寝ている間に無意識に言ってしまうのが寝言ですが、時には起きているの、と勘違いしてしまうような寝言を言っている人がいませんか。
寝ているはずなのに、怒ったり謝ったり笑ったりとしている人のいると言います。
そんな時の心理状態はどうなっているのか気になるものです。
夢を見ていて、その夢によって怒ったり笑ったりしているものだと思うのですが、実際はどういった心理になっているのでしょうか。
寝ている時は、無意識に寝言を言っているので、あまり気にした事はないと思うのですが、やはり夢の影響が大きいのだと思います。
ですから、怒っているより笑っている方が精神上には良い事なのだと思います。

スポンサーリンク

眠っている間は、深い眠りと浅い眠りが繰り返されています。
夢は、その浅い眠りの時に見るようです。
怖い夢だったり、楽しい夢だったり、その夢によって寝言は違ってくるようです。
ですから寝言で笑う場合の心理は、楽しく明るい気持ちになっているという事ではないでしょうか。
睡眠は深く自律神経と関わっています。
笑うというのは、自律神経にとって大変良い事です。
起きている時も寝ている時も、多いに笑うと良いそうです。
笑っていられる場合ばかりではありませんが、出来るだけ笑う生活をしたいものです。
笑いが明るい気持ちを作ってくれます。
ですから寝ている時に笑うという心理状態は、大変幸せな心理状態を言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加