寝言の原因や治し方などについて

寝言に話しかけるとダメだといわれるのはなぜか

スポンサーリンク

寝言を言っている人に話しかけたり、寝言に返事をしてはいけないということを聞いたことがある人は多いでしょう。
しかし、寝言に話しかけることや返事をすることがなぜダメだといわれているのかその理由を知っていますか。
このように言われる理由としては諸説あります。
親や祖父母から「寝言に返事をすると魂が戻れなくなる」という説を聞いたことがある人もいるでしょう。
これは、眠っているときには魂が離れるという信仰があったり、また、枕の語源が『魂の宿るところ』が転じて「魂座(たまくら)」であったりといったことからきているようです。
寝言に返事をすると死んでしまうという説や現実世界に戻ってこれなくなってしまうという説もあります。
神話や民話において「眠っているときはあっちの世界=黄泉の国へ行っている」ため、その最中に何かすると「こっちの世界に戻ってこられなくなる」という言い伝えが多いことからきているようです。
これらは、睡眠中にさまよう世界=黄泉の国への畏怖からくる迷信といえるかもしれません。

スポンサーリンク

宗教的なものや言い伝えによるもの以外にも、科学的な裏付けがありそうな理由もありますので紹介します。
まずは、眠っていても脳は目覚めているという説です。
眠っていても脳は起きている状態ですので、話しかけてしまうと脳が休めなくなってしまいます。
そのため、脳が休めるようにそっとしておいた方がいいというのです。
つぎに、睡眠の種類で変わるという説があります。
レム睡眠とノンレム睡眠という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。
眠りの浅いレム睡眠時の夢は現実生活に近く普段気になっていることなどをかなり明確に口に出してしまう傾向があります。
そんな時に刺激を与えられると脳がゆっくり休めません。
そのため、やはり脳が休めるようにそっとしておいた方がいいといわれています。
このように、寝言に話しかけたり返事をしたりしてはいけないといわれる理由には色々な説がありますが、寝ている人の体調を気遣えばそっとして心身ともに休めるようにしてあげることが優しさではないでしょうか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加