寝言の原因や治し方などについて

寝言が多い場合てんかんかもしれません

スポンサーリンク

寝ている時に寝言を言うのは危険を知らせるシグナルの可能性があります。
睡眠には深い眠りと浅い眠りを繰り返すので、浅い眠りの時に寝言を少し言ってまた寝てしまうことは問題ないです。
これは健康な人でも起こり得ることです。
しかし危険なのは寝言を言った後に、急に飛び起きて動き回ったり、飛び起きて食べ物をむさぼるように食べるなどの症状です。
異常な行動をとった場合は病気を考える必要があります。
そういった症状が出た時に考えなくてはならない病気は、てんかんです。
てんかんになっていると寝ていても前触れなく、異常な行動を起こしてしまうことがあります。
その原因は脳にあり、脳に異常が起こっていることによって、異常な行動につながります。

スポンサーリンク

寝言を言った後などに、異常な行動を起こしたからといって、その人が確実にてんかんになっているということでもないです。
回数が少なければ、問題がない場合が多いです。
しかし頻度が多い場合は、病院に行って検査を受けることが必要です。
病院で脳波検査を受けることによって、てんかんなど脳に問題があるかどうかを知ることができます。
もしかして、てんかんかもしれないと思ったら、早めに病院に行って検査を受ける方が、どうなのかはっきりとすることができるので、脳に問題がない場合は安心できますし、脳に問題が見つかっても自分で勝手に悩んでいるよりも前に進むことができます。
症状を抑える薬をもらえますし、今後の生活をどうすれば良いかのアドバイスを医師にしてもらえます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加