寝言の原因や治し方などについて

寝言を発する体の仕組み

スポンサーリンク

寝ているときに言葉を発することを寝言と言います。
寝言には様々な原因があると言われていますが、この行動はどのような仕組みで引き起こされるかというと、次のようなことが主な原因と言われています。
1、仕事や家庭生活での過度のストレス2、幼児期の子供の反抗期3、発熱などにより魘される4、高齢期に他の疾病を抱えることで引き起こされるこれらはすべて何らかのストレスが睡眠中に脳に作用していると考えられてます。
日常的なストレスを抱えると寝言やそれにまつわる行動として現れます。
さらに、睡眠中にのどが渇きを感じるとそれが脳に伝わり、口を動かしたりのどの筋肉を動かし、言葉を発したり些細な行動にでるということもあります。

スポンサーリンク

寝言は睡眠が浅い状態のレム睡眠期に多く発現すると言われています。
レム睡眠期とは体は休んでいても、脳が働いているために起こり、この状態は熟睡できていない状態で、しかし体が休んでいるので筋肉が緩和状態にあり、脳から指令を出していても、喉の筋肉が緩んでいるため、はっきりとした言葉として発せられず、このような仕組みで理解不能な言葉となって発せられることが多いです。
レム睡眠期は睡眠状態に入ってから2時間程度までの期間でこの時期は体を休めていても脳が働いているため、ある意味正常な人間の生理行動であると言えます。
午後10時から午前2時までの間に熟睡していないと十分な体のリセットが出来なく、基礎代謝能力が衰えますので、PM10時からAM12時の間に就寝することが精神的なバランスを整え、寝言の解消にも繋がるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加