寝言の原因や治し方などについて

寝言を行うメカニズムと様々な心理による寝言

スポンサーリンク

寝言を行うメカニズムとして、脳の働きが関係しています。
人間が眠っている時の状態の脳は、完全に休んでいる時の脳と起きている時の脳の時間があります。
起きている時の脳の時間に、意味もない言葉を発する場合があります。
また、心理的なストレスを受けて、脳にたまっていた場合は、言語中枢が興奮の状態に陥る事によって、様々な言動を起こす人間の特有の現象があることが特徴です。
寝言を言う人の特徴や時間帯によっては、個人差がありますが、寝ている時に言葉を発している時に気付いた時は、言葉を返してはいけないのが鉄則です。
脳が起きている状態なので、言葉を返して起こしてしまう結果につながって、睡眠不足になる可能性もあります。

スポンサーリンク

寝言の言葉による心理的な要因として、うつ病などの精神に関する病気に陥っている場合があります。
また、過去に精神的な言葉による障害を負った事などが心に残っている時に、トラウマとなって、睡眠をしている時に言葉を発してしまう例が有名です。
子供に関しては、脳の中の睡眠の中枢の部分が上手く機能しないために、睡眠に入ったとしても、1時間程度で夜泣きをしてしまう現象が起こる場合もあります。
精神的な心理による寝言を発する事とは別に、何らかの病気をもっていて、病気の原因で寝言を長時間も発しているケースも見られます。
原因ととなる有名な病気は、睡眠時に無呼吸に陥る病気です。
寝言が酷い場合は、早めに呼吸器科に相談する事です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加