寝言の原因や治し方などについて

寝言や舌打ちなどに対処する方法

スポンサーリンク

寝言や舌打ちは、本人が睡眠時に無意識に言葉を出してしまう症状のことです。
一見すると、寝言くらい・・舌打ちくらい・・と軽く見られがちですが、日ごろのいらいらや夢の内容などを細かく口に出してしまうために、それが原因で人間関係を悪くしてしまうことがあるので注意が必要です。
たかが寝言ですが、自分では思っていないことを言ってしまうこともあり、ひどくなった場合には壁を蹴ったり殴ったり叫んだりしてしまうこともあるために、早めの治療が大切です。
では、寝言や舌打ちの原因は何なのでしょうか。
これは、「強いストレス」や、「アルコール」が原因と言われています。
しかし、肉体的疲労が原因と言う説もあり、詳しくはわかっていないのが現状です。

スポンサーリンク

寝言は一般的に、眠りが浅いレム睡眠時に出ると言われています。
そのため、レム睡眠時症候群と呼ばれる場合もあります。
アルコールやストレスで、十分な熟睡が出来ていないと、こういった症状を起こしやすくなります。
では、熟睡するためにはどうすればよいのでしょうか。
まず、規則的な生活を心がけ日光を浴びるようにし、熟睡できるホルモンを分泌させることが大切です。
その次に、自分に合った枕を選ぶことです。
睡眠は人生の1/3を占めるほど非常に重要なものなのです。
けちけちせずに多少は高いものを購入してみてはいかがでしょう。
最後に、ホットミルクを飲むことです。
牛乳に含まれる成分が精神を安定させて、ゆっくり熟睡できるようになるのです。
寝言や舌打ちは、自分ではコントロールできずかなり不安になるでしょう。
出来ることから始め、ストレスを溜めず、質の良い睡眠を心がけるようにしていきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加