寝言の原因や治し方などについて

寝言で叫ぶことが続くならその対策はお早めに

スポンサーリンク

誰にでも一度や二度は睡眠中に叫んで目を覚ました経験があるのではないでしょうか。
例えば恐い経験をしたときや、ホラー映画を見て眠ってしまった時など悪夢を見て、寝言と共に叫ぶことがあります。
また、台風などで普段しない風の音などがしている場合は、寝言を言いやすいようです。
眠っている間も聴覚は、目覚めており風の音を聞いて、起きていた時に見たものとを結びつけて悪夢を見せ、それによって叫ぶという行為を引き起こすのです。
このような場合は一過性のものですからあまり心配する必要はありません。
ホラー映画の内容が頭から薄れるか、台風が去れば寝言で叫ぶこともなくなるでしょう。
この場合は特になにか対策を練る必要もないといえます。

スポンサーリンク

問題は、寝言で叫ぶことが何日も続いたり、定期的に起こる場合です。
このような場合は間違いなく、何かのストレスが原因と考えられますので、早急にその対策を考える必要があります。
寝言はレム睡眠中、つまり眠りの浅い時に発しがちですが、叫ぶほどの寝言であれば、眠っていたとしても脳は活発に働いており、決して休んではいない状態であると言えます。
脳が興奮している状態であると言っても過言ではありません。
このような状態が続くと、眠っているにも関わらず睡眠が取れていないのと同じ状況となり、仕事にも悪影響を与えかねません。
できるだけ早く医師に相談されてそのストレスの原因を取り去ることを考えるべきでしょう。
早いに越したことはありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加