寝言の原因や治し方などについて

寝言と悪夢の関係について

スポンサーリンク

悪夢による寝言は子供に多いようです。
恐い映画やショッキングな体験をした場合、その続きやそれに影響されたことの夢を見てしまい、寝言を言ってしまうのです。
子供が悪夢を見てうなされている場合は軽く身体をゆすって起こすようにしてください。
このとき、強くゆすったり、大声で名前を呼んだりすると無意識の中に恐怖を植えつけてしまいますので避けるようにして方が無難です。
人間は眠っている間に経験したことを脳の中で整理していると言われています。
その整理している段階で見たこと、聞いたことが夢となって現れてくるのです。
したがって、子供の悪夢によると思われる寝言は、頻繁に起こるのでなければそうそう心配することではありません。

スポンサーリンク

では、大人の寝言はどうでしょうか。
大人の場合、ストレスから寝言を言う場合が多いようです。
仕事がうまく行かない場合や、人間関係のストレスが悪夢となって現れ、寝言を発してしまうのです。
不思議なことに、覚醒している時のストレスは夢の中では必ずネガティブな方へ増幅されるようです。
目覚めている時のトラブルが眠っている間では解決されることはまずありません。
小さなストレスでも悪夢となって現れる事があるのです。
これに対処するには、とにかくストレスを開所できる何かを見つけるしかありません。
ストレスを溜めないようにするしかないのです。
また、メンタル面の薬剤を服用すると、その副作用で悪夢を見る場合があります。
このような状況が続く場合は、薬の変更も考えるべきでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加