寝言の原因や治し方などについて

聞き取れない寝言と聞き取れる寝言の違い

スポンサーリンク

人間は睡眠時聞き取れない寝言や、ハッキリと聞き取れる寝言を言う場合があります。
聞き取れないタイプはムニャムニャと口の中で籠るような言葉で話します。
聞き取れるタイプはハキハキとテンポ良く、部屋中響き渡るような言葉で話しています。
その他にも会話の様なしゃべり方をしたり、短い文章をポツリと言う時もあります。
寝言とはそもそも無意識のうちには声に出してしまうものなので、目が覚めて指摘されるまで全く覚えていない事が多いです。
また並んで寝た時に隣同士が会話をしている場合もありますが、どちらも言った記憶すら残っていない場合が多いのです。
寝言は覚醒機能が不十分のため起こると考えられ、聞き取り方の違いにも影響しています。

スポンサーリンク

ハッキリと聞き取れる寝言は深い眠りをした時に起こります。
しかし本人は全く記憶に無いのが特徴です。
聞き取れない場合は、夢を見ている最中に起こる事が多く浅い眠りの時に起こります。
言葉をしゃべっている最中に起こすと、しゃべったことを覚えている場合もあり、ある程度記憶に残っているのが特徴です。
どちらにせよ日常生活の些細なことや、悩みなどが夢や寝言として表れる事もあるので、睡眠中にこの様な症状が見られた時は、悩みを聞いたり相談に乗るなどして心を解放してあげる事も大切です。
睡眠は日中働いた体を休めるための大切な行為です。
睡眠がしっかり取れていないと、翌日に疲れを引きずる事もあるので、気分をリフレッシュさせるための質の良い睡眠が必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加