寝言の原因や治し方などについて

寝言と会話すると危険という説について

スポンサーリンク

寝言について考えた事はありますか。
人は眠っている間は無意識に話してしまうものです。
夢を見ていて話してしまうものかもしれませんし、全く関係もなく話しているのかもしれません。
眠っている時に無意識に話してしまうので、自分でも何を話していたのかもわからないものです。
自分で話している寝言は全然覚えていないものですが、他の人が話しているのを聞くと、思わず笑ってしまう事を話している場合もあります。
もともと眠っている時に見る夢はつじつまがあっていない場合も多いので、おのずと寝ながら話ている事も訳がわからないものなのだと思います。
そして、そんな時には面白く感じてしまう寝言ですが、寝言と会話すると危険という事を聞いた事はありませんか。

スポンサーリンク

昔から近くで寝ている人の寝言に答えてはいけない、とよく言います。
そういった言い伝えはたくさんあるとは思うのですが、その中でもみんながよく知っている言い伝えではないでしょうか。
この言い伝えには、たくさんの説があるのですが、その中の一つの説をご紹介したいと思います。
有名な説として、寝ている人と会話すると寝ている人が黄泉の世界に行ってしまうという説ではないでしょうか。
眠っている時はあちらの世界に行っているので、そんな時に会話をしてしまうと戻ってこれなくなってしまうという事らしいです。
大変怖い言い伝えですが、実は寝ている間の呼吸が乱れてしまうからではないか、と言われています。
そういった怖い言い方をして、寝ている人の健康を気遣っているという事かもしれません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加