寝言の原因や治し方などについて

寝言といえども大声で叫ぶこともあります

スポンサーリンク

寝言というと、むにゃむにゃとよくわからない言葉を発するというイメージがあるものですが、そうでない場合もあります。
鮮明な言葉を発するがために、起きているのではないかと疑われるほどの寝言もあるのです。
大声で叫んでしまい、自分の寝言で起きてしまう、というケースもあります。
これらはたいていの場合、夢を見ることでおこります。
夢を見ていて、主人公である自分がつい言葉を発してしまうという場合、大声であったりはっきりした言葉で寝言をいうという現象が起きやすいのです。
寝る直前まで考えていることが反映されることもありますし、まったくその日は思いもしなかったものが夢となって表れることもあります。
本人の深層心理で行われていることが夢に出てくることもあるでしょう。

スポンサーリンク

大きな声で叫んでしまった場合、周りの人も本人も、ストレスがたまっているのではないかと心配になるかもしれません。
しかし、たいていの場合は心配無用です。
むしろ、不眠症になってしまうなど、眠れないという状態になるほうが心配です。
ぐっすりと眠りについてからの寝言であれば、それほど心配する必要のないケースが多いものです。
もし、本人が寝言を人に聞かれるのが恥ずかしいなど、ストレスになってしまうようであれば対策法を考えなければなりません。
大人であれば、お酒を飲んで深く眠ることも有効です。
眠る前にハーブティーを飲むのも良いでしょう。
いずれにしても気にしすぎることはよくありません。
気楽に考えて上手につきあっていくことがおすすめです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加