寝言の原因や治し方などについて

寝言に相槌を打つことについて

スポンサーリンク

みなさんは自分が寝ている間にを言ったことを覚えていますか。
ほとんどの人が自分の寝言を覚えてはいないのではないでしょうか。
人間の眠りには2種類あります。
レム睡とノンレム睡眠です。
どちらの時にも言葉や音を発することがありますが、実はどちらの状況であるかによって寝言の種類が変わってくるようです。
ではどのように違うのでしょう。
誰かに聞かれたり、誰かの寝言をきいたことがある人には分かるかもしれませんね。
レム睡眠というのは、簡単に言うと脳が起きていて体が寝ている状態です。
起きている脳は夢を見ていますが、体の筋肉や骨は寝ているので脳と連動して動くことはありません。
夢を見ていて言葉を話そうとしても口は動かないので、この時、聞いている方は何を言っているのかよくわからないのです。

スポンサーリンク

では、ノンレム睡眠はというと、レム睡眠とは逆で脳が寝ていて体が起きている状態です。
体が起きているので口をはっきり動かすことがあります。
ノンレム睡眠でも夢を見ることはあり、この時の寝言は聞きとりやすいことが多いです。
聞いていて言葉がわかるのでつい相槌を打ちたくなってしまいますね。
ところで、夢に相槌を打つと寝ている人が起きなくなってしまう、などということが言われますがそのようなことはありません。
寝ている人は周囲の音や声をできるだけシャットアウトしているからです。
しかし全く聞こえていないわけでもなく、名前や目覚ましなどの起床するためのキーになる音声、また危険な音にはきちんと起きられることが普通です。
だからと言ってもちろん、むやみに相槌を打つのが良いというわけではありません。
寝言はストレスによっても増えると言われます。
感情的な寝言を言う人には上質な眠りをとってストレスを解消できるよう、そっと寝かせておいてあげましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加