寝言の原因や治し方などについて

寝言と病気の関係記事一覧

実は単なる寝言と思っていても、実はその裏に病気が隠されていることがあります。普通の寝言のならいいのですが、病気の症状かも知れないので心当たりのある方は注意が必要です。特に、寝言がやけにはっきりしていて寝相の悪さも伴う場合であればその危険性はなおさらです。その場合、レム睡眠行動障害という病気を疑ったほうがいいでしょう。その多くは中高年の男性に見られる病気になります。レム睡眠行動障害はパーキンソン病や...

寝言を言うことは誰にでもあります。その寝言ですが実は、精神病が潜んでいる可能性があるのです。高熱を出したときなどに聞き取れないような言葉を言ったりはしませんか。それは具合が悪いというサインを寝言としてだしているのでしょう。精神病が潜んでいる場合も高熱を出しているときと同様なのです。心の具合が悪いというサインを寝言として出し始めていきます。そのサインを見逃さないであげてください。まずはうなされている...

隣で寝ている配偶者や恋人が寝言や寝ながら笑う、もしかしたら何かの病気じゃないか心配なんです。そんな思いを持っている方の大半は杞憂と言えます。寝言は脳が働いていて体が眠る浅い眠りの時に起きるもので、夢の内容に影響されて言葉を発することがよくあります。また、その内容によっては笑うこともありますのでそれ自体で病気とは言えないのですが、仮に寝言の声が大きい、寝相が激しい、抱きついたりハンドルを握って運転を...

寝ている時に寝言を言うのは危険を知らせるシグナルの可能性があります。睡眠には深い眠りと浅い眠りを繰り返すので、浅い眠りの時に寝言を少し言ってまた寝てしまうことは問題ないです。これは健康な人でも起こり得ることです。しかし危険なのは寝言を言った後に、急に飛び起きて動き回ったり、飛び起きて食べ物をむさぼるように食べるなどの症状です。異常な行動をとった場合は病気を考える必要があります。そういった症状が出た...

寝言は、睡眠中、無意識に発する言葉の事です。主に夢を見ているレム睡眠の時に発せられる事が多いと言われています。寝言は、病的なものと病的ではないものに分かれています。睡眠中の発語は、子どもの頃に多くみられます。成長するうちに少なくなり、大人になると治る事がほとんどです。しかし、病気が原因で起こる寝言もあります。風邪などの高熱や、精神的なストレス、睡眠時無呼吸症候群、レム睡眠行動障害、ナルコレプシーな...

寝言というのは意外と健康に悪影響がある時に発生しやすい症状で、時には寝言だけではなく痙攣が一緒に起こっている事もあり少し注意して観察しておく必要がある場合もあります。痙攣が起こる時には身体だけではなく神経系や脳など精神面にも異常がある場合もあり、少しばかり注意が必要になってきます。場合によってはしっかりと専門の病院に行って診断をしてもらう必要もあり、確実に原因になっているストレスなどを取り除かない...