寝言の原因や治し方などについて

寝言の種類とそれぞれの対処法

スポンサーリンク

朝目覚めたときに、睡眠中の寝言を指摘されて、恥ずかしい思いをした事のある人も多いのではないでしょうか。
また自分のパートナーや友人が、あまりにもはっきりと寝言を言ったために、ビックリしてしまったというケースも少なくありません。
ひとことで寝言といっても、いくつかの種類があり、特に心配のないものと、病気の症状として出てしまっているものがある為、きちんと見極めて対処法を考えることが大切です。
まずは、子供や比較的若い年代の男性で、成長するにつれてだんだんと減り、25歳を過ぎる頃にはほとんどなくなる場合には、特に心配はいりません。
また小さい声だったり、感情的な言葉ではない時も、問題はないといわれています。

スポンサーリンク

一方で病気が原因となっている場合には、原因を改善すると寝言も改善してくれます。
高熱などで意識がもうろうとして、うわごとの様に寝言を言っている場合には、高熱を発する病気を改善する必要があります。
また強いストレスも原因の一つです。
ストレスが溜まるほど、症状が強くなるため、ストレスの発散方法と予防方法を考えておくとよいでしょう。
過去の体験がトラウマになっているPTSDが原因の場合には、カウンセリングや薬物療法が効果的です。
他に、睡眠時無呼吸症候群やレム睡眠行動障害、夜鷲症が原因のケースも考えられます。
寝言の原因はいくつかの種類があり、それぞれに対処法があります。
心配な場合には病院で診察して原因を知ることが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加